DVDのISOとBlu-RayのISOとは




超初心者さん向けに、ISOについて説明してみます

まず、パソコンの話の中でのISOとは、ISOイメージと呼ばれるものをさします
ISOイメージとは、あの12センチの円盤と、全く同じ物を全体コピーしたものなので
ISOイメージとはディスクそのものになります

※参考までに
下図は、2005年の社員旅行に行ったときのDVDをISOにしたものです
これであれば、毎回、ディスクを入れる手間が省けます

拡張子は、isoになります

ディスクそのものなので、パソコンの中で扱う場合は、マウント作業が必要です
Windows8以降は、ISOをOSの標準機能として、自動で仮想ドライブを作成して、
マウントまでしてくれます
このあたいりの詳しい解説は以下記事参考に
Windows8.1の機能でISOを認識させる又はisoをマウント

◆DVDのISOとBlu-RayのISOの意味は、それぞれに2つ意味があります

1)   通常のデータファイルをDVDに保存したものをISOにしたもの
2) dvd-video形式をISOにしたもの

同じく、ブルーレイも同様で
1)   通常のデータファイルをBlu-Rayに保存したものをISOにしたもの
2) BDMV形式をISOにしたもの(BD-VIDEO形式)
※通常のデータとは、ワードやエクセルや写真画像などをDVDやBDに保存したもの

●DVD-VIDEOとは市販されているDVDやレンタルDVDの形式です、
これらは、家庭用レコーダーや家庭用プレイヤーで再生できるものです

●BD-VIDEO(BDMV)とは市販されているBlu-Rayやレンタルblu-rayです
同じく家庭用プレイヤーや家庭用レコーダーで再生できるものです

◆よく聞く言葉でISOイメージファイルを書き込みとは、
動画編集で扱うISOとは、★★星2つで説明している後者の意味になります

■ISOイメージは、自分で作成することも、できます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする